【ヨシケイの産地情報まとめ】国内産が中心!中国産はあるの?

更新日:

ヘッダー産地情報画像

ヨシケイの食材宅配に使われている食材の産地が気になる。

ここでは、ヨシケイの産地情報を徹底リサーチしました。

結論から言うと、ヨシケイの各エリアによって扱う産地が異なりますが、お肉や魚、野菜まで基本は国産でした。

今回は、ヨシケイこうべとヨシケイ京都の2つを参考に産地情報をまとめています。

普段、ヨシケイを利用されている方、これからヨシケイを利用するか検討中の方は、ぜひ参考にしてくみてくださいね。

ヨシケイの牛肉は特撰黒牛

特撰黒牛の画像

ヨシケイの牛肉はオーストラリア産がメジャーの様です。但し、ヨシケイ京都ではニュージーランド産を使用している様でした。

どちらも品質管理は徹底しているので、安心して食卓に出すことができます。

参考

ヨシケイ京都

ニュージーランドはBSE発生のリスクが最も低い国とOIE(国際獣疫事務局)が認めた国です。未だかつて狂牛病(BSE)や口蹄疫など深刻な家畜の病気が発生したことがありません。その狂牛病清浄国ニュージーランド政府が唯一認定した「セーフティービーフ」です。

日本人の味覚に合うよう肉質がキメこまかな黒牛、ブラックアンガス種を和牛の飼育方法をモデルに、成長ホルモン剤を一切使わず、南アルプス山脈からの地下水と非遺伝子組換え飼料のみで穀物肥育した上質ビーフです。

参考:ヨシケイ京都

参考

ヨシケイこうべ

ブドウ粕を与えて育てたワンランク上のロンググレインフェッドビーフ「味わい葡萄牛」を使用しています。 牛がより飼料を多く食べて健康に育つように、ワインを作る際に出るブドウの絞り粕「ワインマーク」を飼料に配合しています。肥育期間は必ず200日以上設け、ワンランク上の高品質な牛肉を目指しています。

品種は肉質に定評があるアンガス種に限定しています。導入する素牛は「体重」「月齢(歯数)」を限定し、優秀な牛のみ選別しています。豪州最大のフィードロット企業JBS・オーストラリア社の農場のうちリベリナ・フィードロットに限定して肥育しています。また、工場では肉色、脂肪色、脂肪交雑に選別基準を設け、安定した品質の商品を供給することが可能となっています。 尚、食彩(Bメニュー)の牛肉には選び抜いた黒毛和牛を使用しています。

参考:ヨシケイこうべ

ヨシケイの豚肉は国産「和豚もちぶた」

国産豚肉の画像

ヨシケイで提供される豚肉は国産の「和豚もちぶた」です。

ヨシケイこうべと、ヨシケイ京都の両方共、鹿児島県産の同じ豚を取り扱っている様でした。

参考

ヨシケイ京都

グローバルピッグファームが種豚から製品化までを一貫体制で管理する安心の銘柄豚肉「和豚もちぶた」。肉質に影響を与える飼料は、トウモロコシを主に植物原料がベースの抗生物質無添加飼料。肉の筋繊維が細かいため、柔らかく脂がサッパリとしています。お届けまで温度・衛生・鮮度の保持に努めています。

薩摩錦ぽーく(鹿児島産)
米・麦・マイロを主とした自然な原料を使用し、通常の抗生剤を使用せず、生菌剤を使用することで乳酸菌などの働きにより、健康状態を保った豚肉です。全頭契約農場で繁殖から一貫管理体制で徹底した品質管理により、安定した品質を保っております。品質管理の徹底により、豚肉本来の美味しさを追求して、肥育期間を管理したことにより、柔らかく甘味のある豚肉です。

参考:ヨシケイ京都

参考

ヨシケイこうべ

育種から消費までを一貫したシステム管理を行った安心の国産銘柄豚「和豚もちぶた」。肉質に影響を与える飼料は高品質のトウモロコシを主体にした穀類を独自の配合で与え、抗生物質は一切使用していません。きめ細かな脂、ジューシーで軟らかくさっぱりとして豚本来のうまみがある肉。うすいピンク色でもっちりとした食感がもち豚を実感していただけます。

参考:ヨシケイこうべ

ヨシケイの鶏肉

鶏肉の画像

ヨシケイの鶏肉については、全て国産を使用しています。

産地は和歌山県や鳥取県、宮崎県産とメニューや時期によって異なる様です。

基本的にブランド名称のある鶏肉が使用されていますので、美味しい鶏肉を安心して食べられる様です。

参考

ヨシケイ京都

紀州うめどり(和歌山県産)
紀州うめどりは和歌山県の自然ゆたかな環境のなかで、鶏が自由に歩き回れる【平飼い】という飼育方法でストレスを与えずに育てました。2008年に「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で有名地鶏を抑えて最優秀賞に輝いた、安全・安心な美味しい鶏肉です。

大山どり(鳥取県・島根県産)
山陰の大山を中心とした豊かな自然の中、鳥取県・島根県を中心とした衛生管理が徹底された農場で、ゆったりと健康的に飼育されています。また飼育日数が通常より長いため、美味しく弾力のある歯ごたえと濃い味が魅力です。

日南どり(宮崎県産)
ビタミンEを豊富に含んだオリジナルの資料を使用しています。自然界に存在する納豆菌の一種を用いた生菌飼料で、鶏がおなかの中から健康な鶏です。おなかの臭みを抑え、粗暴を減少させたことにより、うまみを引き出したワンランク上のチキンです。

参考:ヨシケイ京都

参考

ヨシケイこうべ

大地のハーブ鶏
鳥取県の国立公園大山連峰と日本海に囲まれた自然の環境の中で、バランスの良い飼料によりのびのび育っています。 天然ハーブ(シナモン、ジンジャー、ガーリックオレガノ)とトウモロコシを配合したオリジナル飼料を与えることにより、甘みの基準とされる 還元糖値(主にブドウ糖)が多くなり、コクと甘味を引き出します。天然ハーブで育てることによってその臭いを分解し鶏肉臭がほとんど無く誰にでも美味しく召し上がって頂けます。

参考:ヨシケイこうべ

 

ヨシケイの魚介類

魚介類の画像

ヨシケイの魚介類については、国産と外国産の両方の様でした。

どちらのヨシケイについても、輸送方法や鮮度に関する記述がみられたので、品質管理は力を入れているという印象でした。

参考

ヨシケイ京都

自然の海流水域でとれた天然物(海遊魚・遠洋魚)を中心に漁獲時期、漁場等を指定し、旬の時期に水揚げされた物を常に安定した品質でお届けするよう、大手水産会社や漁連から直接仕入れ、指定工場で鮮度を落とさないよう細心の注意を払い加工しています。

「氷温造り」表示の食材
鮮度にこだわったヨシケイで使用される魚には「氷温熟成」された魚も使用されます。「氷温熟成」とは動植物の温度が氷結点に近づくと体内の不凍液の分泌が増加する機能が働きます。この不凍液の中身は糖分やアミノ酸等の旨み成分です。この作用を開発、製法化したのが「氷温熟成」です。

参考:ヨシケイ京都

参考

ヨシケイこうべ

使用している魚は、日本近海・輸入魚と「産地・漁期・鮮度」にこだわり、旬の時期の魚をご提供しております。「まぐろ・かつお」の生食は船内急速凍結の原料を使用しており、鮮度・旨味が引き立ちます。

漬け魚は、味噌・醤油等のタレ造りにこだわり、他ではないワンランク上の商品をご提供させていただいております。
魚に関する情報を国内・海外と常に確認し、「美味しく・安全・安心」を主旨により良い商品をご提案いたします。

参考:ヨシケイこうべ

ヨシケイの卵

卵の画像

ヨシケイの卵は国産でした。

産地については、所属するヨシケイによって違いますが、基本的にはブランド名のついた卵が提供される様です。

産地をみていると、所属するヨシケイ各社の近いエリアで採れた卵の様です。

参考

ヨシケイ京都

桜色の卵(三重県産)・近江の地卵(滋賀県安土産)

契約養鶏場で鶏の健康を考えた良質のトウモロコシ等の飼料と、滋賀県・三重県の恵まれた環境から産まれた美味しい卵です。パック後に直接納品されるので、新鮮で生産履歴の分かる安心な卵です。

参考:ヨシケイ京都

参考

ヨシケイこうべ

大和なでしこ卵(奈良県産)
ピンク色の卵殻が特徴で、美しい女性の代名詞として名付けられた「大和なでしこ卵」。DHA(ドコサヘキサエン酸)が通常卵の約2.5倍(250~280mg)もあり、また大和茶粉末を飼料に加えることで、カテキン効果による整腸作用や動脈硬化の指標など値の減少などが期待できる、健康的な卵です。

スーパーネッカリッチ卵(兵庫県産)
常緑広葉樹の樹皮エキスを凝縮したスーパーネッカリッチ(木酢液+炭)を鶏の飼料に添加。スーパーネッカリッチの持つ様々な有効成分が鶏の体内に働きかけ、新陳代謝が活発になり、産卵された卵はコクと旨味があります。兵庫県小野市の生産地から採卵から最高3日以内の新鮮卵をお届けします。

参考:ヨシケイこうべ

ヨシケイの野菜

野菜の画像

ヨシケイの野菜は、基本的に国産。地産地消を推進している様でした。

もちろん、全国に仕入れ先を確保して、旬の野菜を配達してくれます。

参考

ヨシケイ京都

毎日必要量旬の産地を選び、新鮮で可能な限り減農薬栽培された安全な野菜をお届けするよう、大阪・京都・滋賀の市場から仕入れ、ピロー包装機等を使用し清潔に加工しています。キャベツ・白菜等は滋賀県認証のこだわり農産物(減農薬、減化学肥料、有機肥料)を生産者と直接契約し、取り入れています。

美味しさの秘訣は鮮度
ヨシケイでは地場優先で生鮮野菜を仕入れることで、新鮮で安全・安心な野菜をお届け出来る様日々努力しています。低農薬・減農薬の野菜を中心に仕入れる為安全で安心な食育も行えます。その一方では雨取りの際、土が付いた物や虫が付いていたり自然たっぷりのお野菜です。大自然の中で丹精込めて育てたお野菜を是非お試し下さい。

参考:ヨシケイ京都

参考

ヨシケイこうべ

ヨシケイではその時々の旬の新鮮野菜を日本全国に求め、各産地から安全、安心を第一に考え減農薬野菜を毎日仕入れています。また、鮮度保持の為、お客様への配達の直前に野菜をカットするなど、色、つや、形などの検品も行いご家庭にお届けしています。※天候異変等により入荷不可能な場合、野菜の産地を予告なく変更することがございますが、ご了承ください。

自然にやさしい農業から生まれる野菜は体にもやさしい。 東京・大阪のデパート等で奈良県下あるいは兵庫県下の野菜が大変喜ばれています。ヨシケイでは地産地消の生鮮野菜を多く仕入れることで、新鮮で親近感があり、安全・安心な野菜をお届け出来る様日々努力しています。低農薬・減農薬の野菜を中心に仕入れる為安全で安心な食育も行えます。その一方では雨取りの際、土が付いた物や虫が付いていたり自然たっぷりのお野菜です。大自然の中で丹精込めて育てたお野菜を是非お試し下さい。

参考:ヨシケイこうべ

ヨシケイで週の食材の産地確認方法!

ヨシケイでは、食材の産地確認方法を事前に確認することができます。

また、当日配達される食材と一緒に産地を明記した紙が同封されていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ヨシケイの食材に中国産はあるのか?

ヨシケイの中国産画像1

参考:ヨシケイ播州

ヨシケイの中国産画像2

参考:ヨシケイ・ナラ

一部取り扱いがある様です。但し、厳格な品質検査を受けた一部の食材だけに限られるとのことです。

中国産の話題は以前からも問題になっているので、ヨシケイとしても厳しく管理している様ですね。

Copyright© ヨシケイ 口コミ , 2019 All Rights Reserved.